住民参加型 北海道の「道」づくり - 北のみち普請 オフィシャルWebサイト

Top > 活動の横顔 > 詳細情報


<活動の横顔>団体紹介

【札幌市】石山地区まちづくり協議会

市町村名 札幌市
代表者 福士 昭夫
登録団員数 実行委員20名(12町内会)
取り組み開始時期 平成21年
活動のきっかけ

シーニックバイウェイの一環として「花と人の心のきれいなまちをつくろう」と、国道230号線および平岸通り沿線の町内会との話し合いにより。

活動の範囲

植樹桝の植栽と維持管理、植栽状況の視察

取り組みの効果
地域の変化

道路(国道230号線、平岸通り)が華やかになり、住民や通行する人の目を楽しませていると同時に、活動を通じて住民同士の交流が広がった。

活動上の課題

植えている花は開発局と土木センターから配布されるものをベースに足りない分は地域で購入している。年々配布される花苗が減少しているため予算が足りなくなってきている。

  • 02-01実行委員による花植え状況の視察の様子
  • 02-02平岸通り沿い 街路桝