住民参加型 北海道の「道」づくり - 北のみち普請 オフィシャルWebサイト

Top > 活動の横顔 > 詳細情報


<活動の横顔>団体紹介

【清里町】清里ご当地グルメ地域活性化協議会

清里ご当地グルメ地域活性化協議会では、清里産の小麦、長いもと美味しい水で作った“オホーツク清里虹色うどん”を通して、清里町のPRを行っています。

町内では、ホテル緑清荘と道の駅パパスランドさっつるで提供しています。また、9月に行われた地元の“ふるさと産業まつり”や、新ご当地グルメグランプリなどのイベントでも出店しておりますので、清里町をよろしくお願いします。

市町村名 清里町
代表者 大平 直人
登録団員数 32名
取り組み開始時期 2014年11月
活動のきっかけ

清里町産の農作物を中心に地域資源を活用し、新商品の研究開発を行い、道内外にPR、地域ブランド化を図ることで、交流人口の増、農作物の需要拡大、食と商業・観光振興による地域・経済活性化を目的として。

活動の範囲 新・ご当地グルメ「オホーツク清里虹色うどん」による、特産品のPR
取り組みの効果
地域の変化

地域の様々な職域の方々が協力して活動することにより、これまでそれぞれでの活動が主だったが、町全体に横のつながりができてきた手応えがある。

これまで以上に“オール清里”を意識するようになり、清里をみんなで売っていこうという気持ちが強くなっているように感じる。

活動上の課題

営利団体ではないので、資金的な面はなかなか厳しい。現在イベントへの参加などに町より補助を受けているが、永続的な活動を行うためにも自活できるような仕組みづくりが必須になろうかと思う。

また、会員皆さんが楽しく参加を行えるように、モチベーションを維持していきたい。

  • 005-1
  • 005-2
  • 005-3
  • 005-4
  • 005-5
  • 005-6