住民参加型 北海道の「道」づくり - 北のみち普請 オフィシャルWebサイト

Top > 活動の横顔 > 詳細情報


<活動の横顔>団体紹介

【西興部村】我が村は美しく事業実行委員会

・平成15年1月30日:平成14年度住みよい環境づくり優良実践者に対する北海道知事感謝状
・平成16年3月14日:北海道みち百選表彰(北海道みちとくらしと未来のネットワーク委員会)
・平成17年8月23日:平成17年度道路功労者表彰(北海道開発局長)
・平成18年2月03日:北のみち普請活動優秀団体表彰(北のみち普請を育てる会)
・平成19年8月10日:平成19年度道路功労者表彰(社団法人日本道路協会会長)

など多くの表彰をいただき、事業に参加する住民の意識高揚に繋がっております。

市町村名 西興部村
代表者 美田 隆
登録団員数

総勢:村民約330名(村民の約1/3)が参加

毎年、実行委員会を組織し、建設・林業会社、商工会、農協、小中学校、自治会、子供会、村づくりを考える会、老人クラブなどに参加を呼びかけしています。

取り組み開始時期 平成8年6月
活動のきっかけ

事業実施の1年前に当たる平成7年は、開基開村事業をはじめ、むらこん24、ホテルのオープンなど多くの記念行事が開催され、遠来の客に恥ずかしくないよう、メインストリートの清掃や国道脇のイタドリなどを刈り払ったところ、両側に広がる青々とした牧草地の美しい景観が広がったのを見て、この農村地域の景観を大切にしようと建設業協会の美田隆会長が発起人となり、実行委員会を組織して住民ボランティアを要請し、開催したのがその始まりです。

活動の範囲

国道歩道植栽桝への夏花植栽と歩道の清掃活動の他、国道沿いのイタドリ刈りや雑木の除去作業を実施しています。

取り組みの効果
地域の変化

平成8年の第1回事業には約200名の村民参加のもと実施されましたが、その後、毎年、老若男女を問わず、幼児からお年寄りまで人口の約3分の1に相当する大きな事業として成長し、平成27年度の事業をもって20周年を迎えました。

地域的にも住宅周辺の清掃や町内会行事として清掃週間も設けられ、周辺環境への関心の高まりや清掃、草刈りといった作業が行われるようになりました。

活動上の課題

村民個々のボランティア活動であるため、事故には十分注意するとともに、無理せず末永く事業が継続できるよう毎年組織する実行委員会で活動内容を検討していくことが必要と思います。

  • 21-1
  • 21-2
  • 21-3
  • 21-4