住民参加型 北海道の「道」づくり - 北のみち普請 オフィシャルWebサイト

Top > 活動の横顔 > 詳細情報


<活動の横顔>団体紹介

【苫前町】橋場産業株式会社 橋緑会

平成21年8月 「橋緑会」として道路功労者 北海道開発局長表彰 受賞

市町村名 苫前町
代表者 奥山 和彦
登録団員数 13名
取り組み開始時期 平成23年
活動のきっかけ

一般国道232号苫前町三豊地区の植栽管理について、橋場産業株式会社 橋緑会と苫前町及び留萌開発建設部と協定(ボランティア・サポート・プログラム)を交わし地域住民、企業等が実施団体となり市町村及び道路管理者が協力して道路の植樹等の活動を行い、地域にふさわしい道づくりを進めることを目的とした。

活動の範囲

一般国道232号苫前町三豊地区に植樹したエゾヤマザクラ植樹帯に際し、年3回の樹木管理を行う。

活動内容としては樹木の点検、植替え、除草、植生保護管の点検、補修等。
(平成27年度秋に全体の8割に対して食害等を受け、生育困難と判断した樹木を植え替え、植生保護管を設置した。)

取り組みの効果
地域の変化

・ボランティアサポートでの樹木管理を通して、民間と公的機関との交流が広がった。

・雑草だけの国道沿いに、きれいな桜並木ができれば運転者の気持ちが和む。

活動上の課題

・新規会員が増えないことと、メンバーの多忙によりボランティア人数の確保が難しい。

・沿岸での潮風などで苗木の生育環境が厳しく、桜の苗木の生育が遅い。

・野ネズミや鹿などの食害が起きて、頻繁に苗木の植え替えをしている。

ホームページURL http://www.hashibasangyo.jp
  • 22-01
  • 22-03
  • 22-05
  • 22-06
  • 22-08
  • 22-09
  • 22-12