住民参加型 北海道の「道」づくり - 北のみち普請 オフィシャルWebサイト

Top > 活動の横顔 > 詳細情報


<活動の横顔>団体紹介

【小樽市】小樽築港駅前金蓮花の会

市町村名 小樽市
代表者 浜塚 ケイ子
登録団員数 3名
取り組み開始時期 平成11年5月12日
活動のきっかけ

花壇のある場所は市街地に入る国道5号沿いの「小樽の玄関口」です。

観光に来る方を、先ずは色とりどりの花で歓迎の意を表したい。暗いトンネルを抜けると青空の下の花畑で道行く人にも明るい気持ちになってもらいたい。それがきっかけであり続けています。

活動の範囲

国道5号平磯トンネル出口から100メートル区間、小樽市内に入る玄関口です。

自分で育てられる金蓮花、マリーゴールド、サルビアなどを3月下旬から自宅で種を蒔き、発芽してから温室まで運びストーブで暖をとり、1ヶ月半温室で育て、5月中旬頃から植え付けを行います。足りない分は買い求めます。

冬はイルミネーションを11月1日〜3月31日まで行います。

取り組みの効果
地域の変化

小樽市民の方、または口コミで地方から花を見に花壇に訪れてくださることだと思います。又、道行く人、来る方々に「今年もきれいな花を見せてください。楽しみにしています。」と声を掛けられ、その一言一言に元気付けられ心の支えになっています。

暗いトンネルを抜けたら目の前にきれいな花が咲き、「この道を通るのがとても楽しみです。」と多くの市民の声をいただいております。

活動上の課題

大木があるため、光りが当たりにくい所は、弱光に耐える花など、花の特性を勉強しながら植えています。

  • 26-1
  • 26-2
  • 26-3